知らない言葉で探す!

語彙集合の対称性処理が可能にした世界初の
サイト横断・関係検索エンジン

検索する言葉だけでなく、
その言葉の持つ幅:関係語を含めて
アーカイブを照らし出すとき、
はじめて見える世界がある。

The Saga of Dawn

データベース検索、Web検索・・、
検索システムの開発に貢献してこられたすべての先人に深く敬意をはらいます。

しかし、一方で私達は素朴な疑問をもたずにはいられませんでした。
私達は何を見せられているのだろうと。

数百万件の該当事項があったとしても、実際に目にするのはほんのわずか。
その事実は、私達が知りたいものではなく、私達に見せたいものを見せられているだけではないのかと。

知りたい物を調べるもどかしさ。
知ってはいてもすぐには思い浮かばないキーワード。
知らない、思い浮かばない言葉の壁。
もし、それが次々に目の前に現れたらどんな世界がひらけるのだろうか?

次々に浮かび上がる関連語彙。
それを目にすることで人は想像し、ドラマとなり、次の展望が開けて来る。
検索が進む度に自分のなかでストーリーが生れ何を知りたいのかの核心に迫る。
検索ワンダー。

私達はこの夢を見続け、検索システムSagaに託しました。

誰も歩んでこなかった検索の新たな世界へSagaは踏み出しました。
これが次の時代の礎となることを願って。
ご期待ください。

Code:pico
Interface:heidi


2016年 秋

検索ワンダー 〜従来の「検索」のその先へ〜

「500万冊の本の中からできるだけ少ない絞り込みで、あるページを探し出すには?」

これが私たちの命題でした。そこから、このページ固有の語彙群の取り扱い概念が生まれました。そして、それぞれのページの語彙群間にある関係の把握。その行為のなかで私たちは自分たち自身が驚く検索結果、検索表現を見つけることができたのです。それは検索ワンダーであり「Saga:Smart access gateway for archives」の誕生となったのです。

Sagaはそのコンテンツに含まれる語彙の集合を取り扱います。それぞれどの言葉がどの語彙群、コンテンツに関係しているのかというのを照射(ハイライト)してその関係性をビジュアル化します。Sagaでは1次検索、2次検索、n次検索までもが1回の検索で既に終わっており、「従来の検索=一覧の提示」の先きの景色をみることができます。

そしてこのSagaによって、「検索もコンテンツ」という意味が明確になってきます。検索された結果の関係表現そのものがワンダーなコンテンツなのです。
検索の度に見たことのない光景が見えてくる。そしてSagaは最初の命題に向かってその先に見えてくるべきものを知っています。

Sagaを見て特定の語彙関係をプログラムしたアプリケーションだと思う人がいます。これは検索システムであり検索対象とする内容に依存しません。このために検索方向が定まったリレーショナルデータベースを捨てて、どの方向へも向かって行く対称性処理を必要としたのです。検索結果が生み出す言葉の海の中に言葉相互が持つ脈絡を感じ取ることができるのはまさにそこにあり、これこそSagaの目指した世界なのです。

導入事例:大学・学部Sagaについて

何処に何があるのか?

これを的確に表現するためにサイトマップは工夫されてきました。しかしサイトマップそのものでは各ページの概要を窺い知ることはできません。 また、受験生によって訪問の意図は多様です。進路に関係した研究か?入試情報か?学生生活か?さまざまな思いで訪れることでしょう。 このためには単に受験生のためのコーナーを設けるだけでなく、真の受験生の意図に応えきれる仕組みが必要です。当社はサイト内の自分に興味あるページを一括して抽出しまとめて読むことでこれを可能にしました。 この思いは企業からの訪問者もまた同様でしょう。

これらの期待に的確に応えることを目標としてWeb検索Sagaを開発いたしました。 もともとSagaはデータベース検索として出発し、新聞アーカイブのようなど膨大な記事を関係性に基づいて検索するために生まれたものです。

さらにSaga検索と同時に大学で刊行する各種パンフレットもデジタル化し統合して検索閲覧ができるようにしました。 この利便性を御校でもご活用ください。

▼導入事例:法政大学情報科学部様
サイトメニューよりリンク
■Web Saga ▶ http://saga.smallworld.co.jp/hoseicis

・(受験生・新入生・その保護者の方向けに)
  情報科学部のサイトマップとして

・必要な情報をまとめ読み!
 情報科学部全体のサイト横断・関係検索として

■Footprint.online ▶ http://saga.smallworld.co.jp/hoseicisft

・(受験生・新入生・その保護者の方向けに)
  学校案内などの電子カタログとして

・カタログ、パンフレット、動画、資料ドキュメントの横断検索として


▼導入事例:
早稲田大学基幹理工学部情報理工学科 山名早人研究室様
サイトメニューよりリンク
■研究Saga ▶ http://saga.smallworld.co.jp/wasedafsepsaga

・研究室の研究分野・成果の一覧として
 (研究論文およびポスター等資料、計150本を登録)

・論文を横断して研究テーマや研究者の関係性を視覚化

・研究のシーズと適用産業のニーズのマッチング検索を可能に

■Footprint.online ▶ http://saga.smallworld.co.jp/wasedafsepft

・研究室の成果物/論文のオンラインライブラリとして

・学内外に研究室/研究者(学生)の
  成果や特長をアピールする広報ページとして

・論文を横断したテーマ毎のクリップ集や論文集の編集まとめを可能に

Sagaの特徴

① 複数サイトをクロール横断して語彙データベースを構築し独自の辞書を生成します。
② サイトを横断して語彙の全貌と関係性を可視化します。
③ キーワード入力のない「検索」で、気になる語彙を「選ぶ」だけで検索できます。
④ 語彙群を見てパラパラといじるだけで「企画・編集」が可能です。
⑤ 検索対象は、webページ、PDF、動画、データベースなど全メディアの検索が可能です。


Sagaの関連技術

Sagaは、統合プラットフォームシステム「Footprint.online」の中の検索機能です。
「Footprint.online」のその他の技術がSagaを支えます。


Wall データベースの「全貌を見る」ことを革新したインターフェース
Book & Papyrus コンテンツに「広がり」と「奥行き」を与え、「表現」を出版する
Sord ページ単位の編集機能が可能にした非凡な検索
Discuss コミュニケーションツールの再定義

Saga運営会社

Database / System
株式会社 アーキテクト

我々はインターネットの公共性、報道性に深い関心を持ち、我々自身も世界中の献身的な人々の後に続いて微力を捧げることを理念とします。 そして、そのネットワーク社会の一員として私達ができることは、良書が必ずしも普及できない現在の状況を改善するために我々自身が開発したインターネット出版システム Footprint.online 、およびデータベース横断検索システムSagaによる、著作物、芸術作品の普及、社会活動の記録、そのアーカイブ化を事業とし社会に貢献することです。 これまでも、新聞社への出版システムライセンス、論文データベース、芸術データベースなど手がけてきたアーキテクトの技術の集積がここに、Webサイト横断検索システムSagaとして登場します。

地球は小さく、世界は広く、知的空間は無限大
Welcome toThe Saga

代表取締役社長 椛田 敏彦

〒180-0002 東京都武蔵野市緑町1-6-24
http://www.smallworld.co.jp
http://saga.smallworld.co.jp

Design / Interface
合同会社 芸力

芸力の意匠:データベースとインターフェースデザインの統合 芸力の使命は、データベースに新しい表現を与えること。 2次元のRDBMSでは原理的にできない多次元世界をデザインし、 データベース検索に新たな次元を加えること。 データベースとインターフェースデザインを統合した新しい表現技術で データベースそのものを次世代へと導きます。 そこにはまだ誰も見たことのないコンテンツ世界が広がります。

ようこそ、Sagaの世界へ

代表社員 竹本清香

〒400-0241 山梨県南アルプス市芦安芦倉1595-8
http://www.footprintwall.jp
http://www.footprint-online.com
saga に関するお問い合わせ、システム導入およびライセンス契約についてのご相談は、
お手数ですが下記項目にご記入のうえお問い合わせください。
会社名
大学・学部名
所属
お名前
メールアドレス
お問い合わせ
通信文
500字以内でお書き下さい。
 

株式会社アーキテクト

〒180-0002 東京都武蔵野市緑町1-6-24
http://www.smallworld.co.jp